読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notebook

都内でWEB系エンジニアやってます。

activator で jarファイルを作る

scala
  • プロジェクト作成
$ activator new
Choose from these featured templates or enter a template name:
  4) minimal-scala
Enter a name for your application (just press enter for 'minimal-scala')
  > jarsample

$ cd jarsample
  • build.sbt

下記追加

//import AssemblyKeys._
//assemblySettings

mainClass in assembly := Some("com.example.Hello")
jarName in assembly <<= (version) map { (version) => "hello_world-" + version + ".jar" }

参考: sbt-assembly(0.12.0)を使ってみる - Qiita

sbt-assemblyのバージョン 0.13.6からはコメントアウトした部分は不要らしいです

  • project/plugin.sbt
addSbtPlugin("com.eed3si9n" % "sbt-assembly" % "0.14.3")
  • jar化 実行
$ activator assembly
$ java -jar target\scala-2.11\jarsample-assembly-1.0.jar
Hello, world!

参考:

ProductionDist

Scala初心者の俺が「Hello World」する jar を作るまで。 - Qiita

sbt/sbt-assembly: Deploy fat JARs. Restart processes. (port of codahale/assembly-sbt)

広告を非表示にする