読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notebook

都内でWEB系エンジニアやってます。

angular2でサンプルアプリを作ってみる

とりあえず起動させてみるのとbootstrapを使えるようにします

npm install -g angular-cli
ng --help
Cannot find module 'rxjs/symbol/observable'
Error: Cannot find module 'rxjs/symbol/observable'
npm install -g rxjs
  • プロジェクトの作成
ng new ngapp --style=scss
cd ngapp
ng serve --host=0.0.0.0

新しいプロジェクトを作成しますstyleでscssを指定、デフォルトだとcssになります

デフォルトだとipはlocalhostになってしまうのでVMで立てるとアクセスできません。

アクセスできるようにhostオプションで変更する

componentの追加

パス指定出来る

components/sampleとかで指定すると src/app/components/sample.component.htmlといった形で生成される

ng generate component sample
ls src/app/sample
sample.component.css  sample.component.html  sample.component.spec.ts  sample.component.ts

これだけでとりあえずは動くものが出来るのでbootstrapを追加してみます

bootstrap font-aweosme

npm install --save bootstrap ng2-bootstrap font-awesome
  • src/styles.scss
$fa-font-path: "../node_modules/font-awesome/fonts";
@import "../node_modules/font-awesome/scss/font-awesome.scss";
"styles": [
  "styles.scss",
  "../node_modules/bootstrap/dist/css/bootstrap.min.css"
]
  • src/app/app.modules.ts

使用するモジュールを追記していく,ここはng2-bootstrapにサンプルが乗っているので使いたいモジュールを読み込んでいく

import * as bootstrap from 'ng2-bootstrap';

imports: [
    bootstrap.AlertModule.forRoot(),
    bootstrap.TabsModule.forRoot(),
]
  • 参考

Angular2 Bootstrap

valor-software.com

試しに何か使ってみる

  • src/app/app.component.html
<h1>
  {{title}}
</h1>

<button type="button" class="btn btn-primary">Button</button>
<alert type="success">
  Success Alert!!
</alert>
<i class="fa fa-search"></i>

アクセスするとこんな感じで無事ng2-bootstrapまでが使えるようになりました

f:id:swfz:20170322040408p:plain

メニューの実装

bootstrapが使えるようになったので次はメニューを実装してみる

といった順でやっていきます

コンポーネントの追加

まずはコンポーネントを追加します

ng generate component hoge
ng generate component fuga

src/app以下にディレクトリとファイルが作られます

ls src/app/hoge
hoge.component.html  hoge.component.scss  hoge.component.spec.ts  hoge.component.ts

必要がある場合は生成した各コンポーネントの実装を行います(今回は割愛)

routerの追加

cliで作った雛形にはRoutingは定義されていないので自分で定義する必要があります

angular2の公式に従ってページを追加してみます

  • src/app/app.routing.module.ts
import { NgModule } from '@angular/core';
import { RouterModule, Routes } from '@angular/router';

import {HogeComponent} from "./hoge/hoge.component";
import {FugaComponent} from "./fuga/fuga.component";

const appRoutes: Routes = [
  { path: 'hoge', component: HogeComponent },
  { path: 'fuga', component: FugaComponent },
  { path: '', redirectTo: '/hoge', pathMatch: 'full'},
];

@NgModule({
  imports: [
    RouterModule.forRoot(appRoutes)
  ],
  exports: [
    RouterModule
  ]
})

export class AppRoutingModule {}
  • src/app/app.module.ts

先ほど定義したroutingモジュールを読み込むようにする

import { HogeComponent } from './hoge/hoge.component';
import { FugaComponent } from './fuga/fuga.component';
import { AppRoutingModule } from "./app.routing.module";

import * as bootstrap from 'ng2-bootstrap';

@NgModule({
  declarations: [
    AppComponent,
    HogeComponent,
    FugaComponent
  ],
  imports: [
    AppRoutingModule,
    BrowserModule,
    FormsModule,
    HttpModule,
    bootstrap.AlertModule.forRoot(),
    bootstrap.TabsModule.forRoot()
  ],
  providers: [],
  bootstrap: [AppComponent]
})

メニュー部分の実装

最後にメニュー部分の実装をします

  • src/app/app.component.html
<nav class="navbar navbar-default">
  <div class="container-fluid">
    <div class="navbar-header">
      <a class="navbar-brand" href="#">Sample</a>
    </div>
    <div class="collapse navbar-collapse" id="bs-example-navbar-collapse-1">
      <ul class="nav navbar-nav">
        <li><a routerLink="/hoge" routerLinkActive="active">Hoge</a></li>
        <li><a routerLink="/fuga" routerLinkActive="active">Fuga</a></li>
      </ul>
    </div>
  </div>
</nav>

<router-outlet></router-outlet>

router-outletの箇所にルーターで指定したコンポーネントが出力されます

無事表示まで確認することができました

f:id:swfz:20170322040429p:plain f:id:swfz:20170322040442p:plain

成果物のビルド

dist以下にコンパイルされた成果物が生成されます

ng build
ls dist
favicon.ico              fontawesome-webfont.woff          glyphicons-halflings-regular.ttf    inline.bundle.js   polyfills.bundle.js   vendor.bundle.js
fontawesome-webfont.eot  fontawesome-webfont.woff2         glyphicons-halflings-regular.woff   inline.bundle.map  polyfills.bundle.map  vendor.bundle.map
fontawesome-webfont.svg  glyphicons-halflings-regular.eot  glyphicons-halflings-regular.woff2  main.bundle.js     styles.bundle.js
fontawesome-webfont.ttf  glyphicons-halflings-regular.svg  index.html                          main.bundle.map    styles.bundle.map

あとはS3に配信するなりサーバに配信するなりするだけですね

まとめ

割と簡単に動くところまで持っていくことができました

実際に色々触ってみるとサーバサイドの開発をしているような感覚で書けるので結構楽しくなってきます

今までフロントは避けてきたところがありますがこれを機に勉強していきたいと思うところです

広告を非表示にする