読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notebook

都内でWEB系エンジニアやってます。

mysqldump

テスト用にデータ持ってくるときとか、開発時にたまに使うけど、いざ使おうとする時に忘れているパターンがあったので備忘録として。

mysqldumpで条件指定したりするときのメモ

  • データ構造のみ取得したい場合
mysqldump -u user -d database table > dump.sql
  • データだけ取得したい時
 mysqldump -u user -t database table > dump.sql
  • 条件を指定して出力 「"--where="」,「"-w="」
    *****には普通にWHERE句で指定する感じで複数条件を指定可能
 mysqldump -u user -t database table "--where=date between '2013-08-01' and '2013-09-08' and user_id = 11075" > dump.sql
  • 該当テーブルにトリガーがあったりする場合は「--skip-triggers」を入れる
    公式には書いてありますが、期間が開くとつい忘れる。。。
 mysqldump -u user -t database table --skip-triggers "--where=date between '2013-08-01' and '2013-09-08' and user_id = 11075" > dump.sql
広告を非表示にする